c535ce36bf985ff1d5c76ea1a8c8ace5
先日、謎の腹痛により精密検査を受けることとなった
フィギュアスケート選手の羽生結弦さん。

それにより29日のエキシビションも欠場となってしまい残念でしたね。

記事:羽生結弦が腹痛で精密検査!!原因は一体!?

さて、その精密検査ですが先程結果が出てきました。

その診断結果は「尿膜管遺残症」というもので
正直かなりヤバい状況です。

その「尿膜管遺残症」とはどんなものなのか、また、それはいつ治るのか等について話していきます。

 

羽生結弦のプロフィール

 

本名:羽生 結弦(はにゅう ゆづる)

愛称:ゆづ

出身地:宮城県

生年月日:1994年12月7日

身長:171cm

体重:52kg

趣味:ゲーム、音楽

 

尿膜管遺残症とは?

 

精密検査の結果、羽生結弦さんが訴えていた腹痛の原因が
尿膜管遺残症
というものであることが判明しました。

この「尿膜管遺残症」について説明していきましょう。

まず、尿膜管というのは膀胱から腹部に向かって伸びている菅のことで、
これは通常は出生時に閉鎖されます

そして「尿膜管遺残症」というのは、この尿膜管が閉鎖されずに開いてしまっているこです。

大体、成人の50人に1人がこの症状になると言われています。

尿膜管遺残症の症状としては、腹痛と伴ったり、ヘソに膿が生じてしまうというものが主に挙げられます。

症状が全く出ないで自然治癒してしまう場合もあるのですが、
羽生結弦さんのケースでは違ったようです。

これをそのまま放置しておくと、腹膜炎になる恐れがあり、
更に最悪の結果、尿膜管癌となる危険性も孕んでいます。

これは非常に危うい状態ですね・・・。

こんな状態で来年に控えている世界選手権に出場することが出来るのでしょうか?

スポンサードリンク

 

羽生結弦の復帰はいつ?

 

それでは、この「尿膜管遺残症」が治り羽生結弦さんが復帰できるようになるのはいつ頃なのでしょうか?

聞いたところ、どうやら今回の羽生結弦さんの場合、治療にはおよそ2週間かかり、その後も1ヶ月ほどは安静とのことなので、全治一ヶ月半といったところでしょう。

精密検査をもう少し早く受けていれば、結果が変わったのかもしれませんね。

しかしそうなると、来年2015年3月23日から開催される世界選手権への出場が厳しくなってくるかもしれません。

大会までは後3ヶ月弱あるので、それまでに治すことは出来るとはおもいますが、ブランクが空いてしまうことや、振り付けの練習の時間などを考慮すると出場は何とも言えない感じですね・・・。

羽生選手の活躍を見たいという思いは私だけでなく、日本中、いや世界中のみんなが思っていると思いますが、どうか理だけはしないで欲しいですね。

今回の世界選手権を逃す結果となってしまうかもしれないことは
本人にとっても辛いことだとは思いますが・・・。

とにかく今はその尿膜管遺残症を治すことに専念して欲しいですね。
早く治って元気になることを祈ってます。

スポンサードリンク

こちらもどうぞ!!

羽生結弦が歌手指田郁也とまさかの熱愛!!?

福士蒼汰が英語もイタリア語もペラペラ!?