d339a916dded63883876961553ff2cd4

Sexy Zoneを語る上で外せないのが、
中島健人菊池風磨の2人のコンビですね。
この2人のシンメは「ふまけん」と呼ばれています。

今でこそふまけんは大の仲良しコンビで、
仲良しすぎて付き合っているのかと周りに疑われる程ですが
実は少し前までは彼らは不仲だったのです。

今回はそれに大きく関わってくる「ふまけん8.25事件」について
紹介していこうかと思います。
また、不仲時期喧嘩エピソードなども追っていきましょう!!

スポンサードリンク


最強シンメ「ふまけん」は昔は不仲だった?

 

SexyZone内で最も仲良しと言っても過言ではないのが
この2人「ふまけん」ですね。
まさに王道の中の王道といったシンメです。

しかし、その絆は最初からあったわけではなく、
数年前までは不仲であったことで有名です。

SexyZoneが結成されたのは2011年末。
この頃は普通に仲良しの2人でした。

しかし、2013年頃から2人の関係は徐々に悪化。
ドラマ主演などソロでも活躍の場を広げていっていった中島に対し、
劣等感やライバル心を過剰に抱くようになってしまった菊池。
不仲時期の始まりはちょうどこの頃だと思われます。

また、この時期はセクゾ内の格差問題が酷くて、
メンバーの松島聡とマリウス葉の2人と他3人の扱いが
明らかに違うことが問題となっていました。
(俗に「聡マリ格差」と言われています)

具体的にいうと、3人は豪華な衣装を着ているのに
聡マリ2人はバックで踊るジャニーズjrと同じ衣装だったり、
3人はソロシングルがあるのに聡マリはなかったり・・・
非常に残酷ですね。。

そんな悲惨な状態にファンは当然のこと、
同メンバーである菊池風磨も苦しい思いをしていたそうで
余計にイライラが募っていたとのこと。

この時期は菊池風磨の「反抗期」とも言われており、
本人曰く、非常に荒れていた時期だそうです。
この時期の周りに対する態度も相当酷かったようですね。
関連記事:菊池風磨の性格!!反抗期が酷すぎると話題に・・・

そんな中、彼ら2人に追い打ちをかけるような出来事が
2014年7月に起こりました。
それは「Sexy Zone再編成」です。

今まで5人体制でやっていたSexyZoneですが、
何と聡マリ2人を外した3人で再編成。

正式には脱退というわけではなく、
流動的にSexyZoneに加わることもありますが、
殆ど脱退、リストラと変わらないでしょう。

ただでさえふまけんの仲が悪かったのに、
メンバーが2人いなくなるという事態。
当然ユニット内の空気は悪くなりました。

この時代はまさにSexyZoneの暗黒時代
ふまけん2人にとっても本当に辛い時期だったと思います。
(SexyZoneが再び5人体制に戻ったのは2015年10月頃。
熱心のファンの著名・不買運動の賜物だと言われています)

そして、その後の2014年9月頃にとある事件が発生し、
2人の間の溝がますます広がりました。

スポンサードリンク

ふまけんの喧嘩エピソードについて!!

2014年9月頃にSexyZoneの中島菊池佐藤の3人で
バレーの世界大会の実況の副音声を務めました。

しかし、その実況の際に菊池風馬の悪ノリが発動。
不適切な発言を連発してしまったとか。

そのことに対し不満を覚えた中島健人は番組終了後、
ジャニーズwebの日記にて、
遠回しに菊池風馬をdisりました

その日記がこちら。

明らかに菊池に対する嫌味ですね・・・

どう贔屓目に見ても誰かに対して不満を言っている日記で、
タイミング的には菊池風磨以外考えられないので、
まあ100%菊池をdisってると思います。

それを見た菊池風磨も黙っていませんでした。
同じくジャニーズwebの日記にて、
報復と言わんばかりの日記を公開。

これまたあからさまな嫌味

なんというかまるで小学生のような喧嘩ですね。。
これをファンが見てるweb日記上で行ったのがビックリです・・・

この一件で2人の不仲が周知のものとなりました。
まあ少なからずファンたちはこの時点で気づいていたと思うので
今更・・・って感じだったとは思いますが。

更に険悪になっていったふまけん2人
ですが、2016年8月25日、ふまけん2人の仲を劇的に変える
ふまけん8.25事件」が起きました。

 

「ふまけん8.25事件」とは?

2016年8月25日、その事件は起きました。
その日は中島健人のソロコンサートの日でした。

そのMCの際、ゲストであった山下智久を紹介しようとして
モニターを移した時、その隣に予想外の人物がいました。

そう、菊池風磨 です。

今まで喧嘩していて碌に会話もしなかったあの菊池風馬が
中島健人のソロコンサートに来ていたのです。

その当時のやり取りがこちら。

中島)今日は山下くんが来てくれてます。
(モニターに映る風磨くんを発見し)
…え?!?!なんで…。
菊池)…。
山下)(そんな二人を見兼ねて)風磨でーす!
菊池)お邪魔してます。菊池です…。
山下)何でぎこちないの(笑)この前風磨とご飯食べた時にね、
一緒に行こうって誘ったら、(風磨くんが)「ちっす」って。
菊池)(ソロコンに行く)きっかけがなかなかなくて。
やっぱり相棒のライブなので。
きっかけを作ってくれた山下くんには感謝したいです。
忙しいみたいなので、皆さん、たくさん蜜を吸わせてやってください。
中島)…。マジか…マジかよ…!
中島)ありがとう、来てくれて!
菊池)こちらこそ、見させていただいて…。

なんかもう・・・言葉に出来ないですね・・・
これが尊いって感情なんでしょうか

中島健人もまさか菊池風馬がコンサートに来てくれるとは
夢にも思っていなかったんでしょうね。
会話からそのテンパり具合が分かります。

菊池は菊池で変に敬語になったりしていて、
今まで中島に冷たく当たっていたことに対する
申し訳ない気持ちが凄く伝わってきます。

なんともぎこちない2人のやり取り、
ですがそのぎこちなさから伝わってくる2人の絆。

今まで喧嘩してゴメンという気持ちと
面と向かって話すことができて嬉しいという気持ち。

そんな2人の感情がこのやり取りから伝わってきますね。

このふまけん8.25事件を通して、
2人は無事に仲直りをすることができました。
今じゃもう本当に仲良しコンビですね。

後日のラジオ(中島と佐藤の2人)では、

「世界で一番来ないと思ってたやつが来てくれた。
だからそれは世界で一番嬉しいのかもしれない。」

と中島は菊池が来てくれたことに対する
喜びの大きさを表現していました。
「一番来ない」と思う程に2人の溝は深かったんですね。

テレビなどでは(一応)隠されてきた2人の不仲ではありましたが、
ファンから見ても仲が悪いのは明らかでした。

ですが、その溝はファンたちが思っていた以上に深く、
仲直りするのは絶望的な程だったのかもしれませんね。

こんな2人を仲直りさせるきっかけを作ってくれた山下智久は
本当にいい仕事をしてくれましたね!!
まさに、2人のキューピット役を果たしてくれました。

2013年~2016年8月の約3年間の不仲時期を通して、
やっと本当の絆を手に入れれたふまけんコンビ。
逆にこれだけ不仲時期が長かったからこそ、
ここまで仲良くなれたのかもしれませんね。

以上、ふまけん8.25事件について、
および不仲時期や喧嘩エピソードについてでした!!

スポンサードリンク

こちらもどうぞ!!

ビートたけしと菅野美穂がまさかの不仲!?共演NGの理由とは?

ウエンツ瑛士がベッキーと付き合ってるってマジ!?