今人気急上昇中の音楽グループといえば、
やはり「SEKAI NO OWARI」(通称セカオワ)ですよね。
特に中高生の間では圧倒的な人気を誇っています。

今年2015年の1月14日にもアルバム「Tree」をリリースするなど、
当分の間は人気が収まりそうにありません。

そんな勢いに乗っているセカオワですが、
昨年2014年に紅白に出場しましたね。

しかし、噂によるとその評判酷いものだったそうで、
何と批判が殺到したとまで言われています。
その理由は一体何だったのでしょうか・・・?


セカオワ紅白出場に批判殺到!?評判が酷い?

 

去年の年末に紅白に出場したセカオワですが、
その時の評判が酷いと言われています。
それで気になったのでTwitter等でネットの声を見てみると、

 

「紅白見て色んな音楽が好きになった。但しセカオワ、テメーは駄目だ」

「歌詞が浅い、サザンの方が深い」

「歌が下手」

「サカナクションが出て欲しかった」

 

などなど批判の声は多数ありました。

ただ、絶賛する声はそれを軽く超えるほどにある為、
セカオワが紅白で何かやらかしたという訳ではなりません。

なので評判が酷い、という感じではないですね。
ファンの方からも「
歌が下手だった」って声も少しありましたが・・・

しかし、他のアーティスト達に比べて批判の声が明らかに多いのは事実です。
セカオワが紅白出場で批判される理由は何故なのでしょうか?

スポンサードリンク

セカオワが紅白で批判された理由は?

 

それではセカオワが紅白で批判された理由について追っていきましょう。

セカオワといえば、今や中高生の間では非常に人気のあるバンドですよね。
しかしその人気とは裏腹に知名度というのは、
恐らくそこまで高くはなかったでしょう。

音楽に関心のある人や中高生なら殆どの人が知っていたかと思いますが、
高齢の方やあまり音楽を聴かない人にとっては、
あまり馴染みのあるグループではなかったかと思います。

しかし去年の紅白に出ることによって、
今までセカオワを知らなかった人もその存在を知ることになりましたよね。
そういう人がいきなり紅白でセカオワを見て、
何か違和感を感じたり、不快に思ったのではないのでしょうか?

元々セカオワの音楽はあまり万人向けのものじゃないので
(そもそもバンド音楽が基本的に万人向けじゃない)、
人によっては好かないということもあるでしょう。
特に40以上の世代には評判はあまりよくないように感じます。

また見た目も結構奇抜な感じがするので、
そこで「無理」と思ってしまった人もいるのではないでしょうか。
やたら派手なピエロとかもいますからね・・・

 

それともう1つ大きな理由はアンチの存在ですね。

これは紅白に限ったことではないですが、
セカオワアンチというのは残念ながらよく見かけます。
やはり人気者にはアンチはつきもののようですね。

そういったアンチが取り敢えずセカオワを叩いている
といった現状でもあるかと思います。
非常に嘆かわしいですね・・・

 

この2つが紅白におけるセカオワ批判の理由かと思われます。

後者の方は、基本的にどうしようもありませんが
前者の方はこれからも活動を続けていくことで、
色んな世代に徐々に受け入れられていく可能性は十分にあるので、
これからも頑張って欲しいですね。

スポンサードリンク

こちらもどうぞ!!

セカオワなかじんの彼女はさおりだった!?

名曲「幻の命」の謎を徹底考察!!